menu
menu
menu

永井恒平君の所属する研究グループが、新たな「動的対称性」創出手法を実証しました

永井恒平 理学研究科博士課程学生、田中耕一郎 同教授らの研究グループは、宮田耕充 東京都立大学准教授らと共同で、高強度レーザー光を固体に照射すると、光と固体中の電子状態が一体となった状態が形成され、新たな対称性である「動的対称性」が創出されることを実証しました。

 

活動報告

リンク先:レーザー光と固体中の電子状態が共に創り上げる新たな対称性を発見 -極端に強い光と物質の相互作用に関する理解が大きく進展- | 京都大学 (kyoto-u.ac.jp)

理学部HP:タグ | 京都大学理学研究科・理学部 – Graduate School of Science / Faculty of Science, Kyoto University (kyoto-u.ac.jp)